変 化 朝 顔
変化朝顔
主に大輪の花の色や模様を鑑賞ずる大輪朝顔に対して、変わった形をした花や葉を観賞する突然変異系統朝顔を系嵐の朝顔を変化朝顔といいます。
変化朝顔の変異のほとんどは江戸時代にさかのぼり、明治時代にも多く栽培されていましたが、第2次世界大戦によって多くの系統がなくなりました。
一部の系統だけ保存されており、現在に至っております。
 
 
変化朝顔の分類
変化朝顔は、「正木(まさき)」と「出物(でもの)」の2つに分類されます。
正木・・・個体の持つ変異が均一になっているため、ほとんどが同じ形、色になり種子もできる系統です。
     栽培も比較的容易です。
出物・・・蒔いた種子の1/4の確率で、葉が他のものと違う「景出物」が出て、そのうち1/4の確率で花が変異したものが現れます。つまり1/16の確率で観賞用の高級出物が出ることになり、これらには種子ができません。
 
 


下のフォトギャラリーをクリックしてお進みください。


フォトギャラリー  
Updated: 2011/8/16

国営飛鳥歴史公園館(奈良県高市郡明日香村)前で撮影