風鈴まつり

 今年も夏恒例の「風鈴まつり」が、奈良県橿原市の「小房観音」境内で開催されています。
風鈴の涼しい音色が厄を払うという思想は、仏教伝来のものです。
おふさ観音の二千を超える様々な風鈴の音色は、厄を払い、心地よい涼を運んでくれます。
同時に日本各地の風鈴即売会も行われています。会期は8月31日まで。
高野山 真言宗
 別格本山 
〒634-0075
奈良県橿原市小房町6−22
 
おふさ観音のはじまり
昔この地にあった「鯉ケ淵」と呼ばれる池を土地の娘(おふさ)さんが通りがかりました。この時に白い亀の背に乗った観音様が霧の中に浮かんでいるお姿をご覧になったそうです。そこで、この地に小さなお堂を建てて観音様が奉られたのが、お寺の起源だと言われています。この話にちなんで、今も境内には鯉の池や亀の池が伝わり、参拝者の心を癒してくれます。
 
風鈴いろいろ
風鈴のある風景
スライド

Updated: 2010/7/12
Copyright t-katsuhiko Allrights Reserved 2010.